100f
日本ファルコムが好調な決算を発表しています。






日本ファルコム、2014年9月期は修正予想も上回る大幅増収増益に 『英雄伝説 閃の軌跡』の国内・アジア向けが寄与 | Social Game Info
日本ファルコム<3723>は、11月13日、2014年9月期の決算を発表、売上高25億4100万円(前々期比38.1%増)、営業利益13億200万円(同83.2%増)、経常利益13億300万円(同83.2%増)、当期純利益7億7300万円(同77.5%増)と大幅な増収増益を達成した。同社は9月16日に前9月期予想の上方修正を実施しているが、各項目ともその修正予想を上回っての着地となっている。


という事で、ファルコムが「閃の軌跡2」好調で増収増益を発表しています。好調なようでなによりです。今年9月に19億→24億に上方修正していましたが、それも上回る好調っぷりです。

そして気になる次(2015年9月期)なんですが、通期の予想は20億円を見込んでいます。

続く今期(2015年9月期)も「英雄伝説 閃の軌跡」「英雄伝説 閃の軌跡Ⅱ」をはじめとする「軌跡」シリーズの国内および海外における拡販に取り組むほか、開発中の大型新作タイトルを順次発売するとしており、売上高20億円(前期比21.3%減)、営業利益7億5000万円(同42.4%減)、経常利益7億5000万円(同42.5%減)、当期純利益4億8300万円を見込んでいる。


さすがに今年の実績25億よりは下げていますが、これって今年9月に上方修正する前の19億見込みより高い設定なんですよね。



という事は、来年の9月頃に発売される(だろう)「イース新作」以外にも何か魅力的な作品を用意しているって事なんでしょうかね?

2012年の9月に発売されたPSVita「イース セルセタの樹海」は初週4.2万本で国内パッケージの累計は6万本程度です。今度のイース新作がPS4とPSVitaで発売されるにしても合算で10万本を越えるセールスは怪しいところでしょう。

とりあえず、今年も年末あたりにファルコムの新作発表会があると思いますので、その時に来年発売タイトルが明らかになるはずです。





【Vita】ソードアート・オンライン ロストソング
【限定版】ソードアート・オンライン ロストソング
【PS3】ソードアート・オンライン ロストソング
【PS4】ドラゴンクエストヒーローズ(楽天最安を検索)
【PS3】ドラゴンクエストヒーローズ(楽天最安を検索)
【PS4】龍が如く0 誓いの場所
【PS3】龍が如く0 誓いの場所
【PS4】ゴッドイーター2 レイジバースト(楽天最安を検索)
【Vita】ゴッドイーター2 レイジバースト(楽天最安を検索)
【PS4】デッドオアアライブ5 ラストラウンド
【PS3】デッドオアアライブ5 ラストラウンド
【PS3】テイルズ オブ ゼスティリア(楽天最安を検索)
【PS4】ファイナルファンタジー零式 HD(楽天最安を検索)
【PS4】グランド・セフト・オートV(楽天最安を検索)
【PS4】ブラッドボーン(楽天最安を検索)
【PS4】ウイニングイレブン2015(楽天最安を検索)