著名なアナリストが次世代機について語っています。







700aezzz

お馴染みアナリスト・Michael Pachter氏が最新のPachter Factorで次世代機について語っています。

ファンからの「現世代機は1080p・30フレームにもしばしば苦労していますし、VRや4Kも立ち上がってきています。コンソールの現世代がPS3/Xbox360世代のように7~8年も続くと思いますか?」という質問に対し、Pachter氏は「もし2018年に次世代機が来たら驚くでしょう」と早期の世代交代については否定的なコメント。

そして「一つは6年サイクルの2019年に、もう一つは7年サイクルの2020年に登場するでしょう。もしそうでなくても5年より長く続くと考えています」とPS3/Xbox360世代とあまり変わらない世代交代サイクルを予測しています。

なお、4Kについては「誰もが4Kテレビを持つようになった時が4Kのコンソールサイクルを得る時期でしょう」と語っています。

Pachter氏は2019年と2020年の世代交代を予想していますが、もし本当にマイクロソフトが次世代コンソール開発に取り組んでいるならば更に前倒しの可能性もあります。現時点でもライバルPS4にダブルスコアを付けられていますし、2001年にロンチしたXboxのサイクルを早々に打ち切って2005年にXbox360をロンチした過去もあります。

ソニーは好調のPS4サイクルをなるべく引き延ばしたいところでしょうが、ライバルの動向におつきあいする可能性もあります。コチラも本当に次世代コンソールを開発しているならば・・・ですが、先般、元スクエニの和田氏が率いるクラウド専門会社「シンラ・テクノロジー」解散が発表されたばっかりですし、「次世代機はクラウド専用」という未来予想も少し怪しくなってきたのが本音だったり。

そいや、2016年に発表&発売と噂されている「ニンテンドーNX」はどうなんでしょうね?Pachter氏にとってNXは「次世代」ではないのかも知れません。まぁ「WiiU」自体が1周遅れの第7世代機って見方もあるか。




Next Console Cycle Could Arrive In 2019, Says Pachter ? Releases Blog
Pachter Predicts Shorter Console Cycle This Time Around - PS4 News