PSVR版「シン・ゴジラ」






本日8/3にお披露目されたPSVR版「シン・ゴジラ」のメディアレポートや参加した人のツイートまとめ。

『PS VR』でゴジラ出現の恐怖を体感してきた 「最後までこの国を見捨てずに」なんて言えない! | ガジェット通信
VRヘッドセットを装着すると、そこはゴジラの上陸を許してしまった大混乱の東京。見渡す限り火の海という状況の中、巨大な尻尾がグワアァっと頭上を横切ります。すると、遠目に全長118.5mのゴジラの姿が!

ゴジラの動きに合わせて手に持つコントローラーが振動し、ズシンズシンという音がヘッドホンから流れてきます。ゴジラはただ街を破壊し続け、一歩また一歩とこちらに近付いてくるのです!

映画でカメラがパンアップするのと、自らゴジラを見上げるのでは全くの別モノ。身をもってその大きさを体感することができ、その迫力はIMAX以上です。これが体験できるなら、それだけで『PS VR』を購入する価値アリですよッ!

シン・ゴジラのVRを先行体験! 巨大ゴジラをPS VRで。樋口監督も「おぉ」 - AV Watch
 東京駅の周囲をゴジラが暴れまわる数分のコンテンツだが、PlayStation VRを装着した樋口監督は、ネタバレを避けつつも、ぐるぐる周囲を見回し、「あぁー」、「おおー」と言葉にならないうめき声をあげる。

少し慣れた頃に、「熱い」、「あぁそれはだめだ!」など叫ぶなど、見事なリアクションを披露。VR体験終了後の樋口監督は、「この企画の話頂いた時よりも全然ヘッドセットが良くなっている。邪魔くささがかなりなくなって、調整もやりやすくなった。メガネオンメガネもちゃんと考えられている。いやー欲しい」と、PS VRを絶賛。


参加した方のツイート








コチラがソーシャルスクリーンから出力されたスクショ





さすがに、ただVRヘッドセットでゴジラを見上げるだけじゃないみたいね。「シン・ゴジラ」の映画を見るかどうかは判りませんが、VRコンテンツは楽しみになってきた。

そして樋口監督の「メガネオンメガネ」発言も嬉しい。Oculus Riftはメガネマンには最悪らしいですからねぇ。

PSVR版「シン・ゴジラ」は10/13より期間限定で無料配信されます。