プレイステーションVR






ファミ通が10月のセールスを発表しています。

PS VRが月間5.2万台を販売、ソフト首位は『モンスターハンター ストーリーズ』――2016年10月のソフト・ハード売上ランキング速報 - ファミ通.com
10月期最大のトピックスは、10月13日に発売された「プレイステーション VR」(ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア)です。月間の販売台数は5.2万台と、それほど目立つ数字ではありませんが、ほとんどの取扱店で品切れとなるなど、需要が供給を大幅に上回る状況となっています。今後の普及に、大きな期待を抱かせるスタートとなりました。

なお、ロンチのファミ通発表台数は4.6万台でした。

プレイステーション VR、発売後4日間で4.6万台を販売! 国内推定販売台数速報が到着 - ファミ通.com
 ゲーム総合情報メディア“ファミ通”は、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアより2016年10月13日に発売されたプレイステーション VRの国内推定販売台数を速報として発表。発売日の10月13日から10月16日までの国内推定販売台数は、46492台となる(PlayStation Camera同梱版との合算値)。

ロンチ以降の2週間で約5000~6000台しか出荷されなかったことになります。



ホンマ、物売るってレベルじゃねーな。


単に日本の割り当てが少ないだけのような気がする。根拠なんぞありませんが、ワールドワイドの台数をソニーがダンマリしている以上、そう思われても仕方ない。