PSVRとPS4 Pro






先般公開されたPro対応タイトルのうちPSVRソフト一覧はコチラ。

・Battlezone VR
・Bound
・Call of Duty:Infinite Warfare(Jackal Assault)
・DriveClub VR
・PlayStation VR Worlds
・Rez:Infinite
・RIGS:Mechanized Combat League
・Rise of the Tomb Raider
・The Playroom VR
・Thumper
・Until Dawn:Rush of Blood
・Robinson:The Journey
・Super Stardust Ultra

PSVRタイトルがどのように強化されるかは不透明なタイトルも多いのですが、高評価を獲得している「Rez Infinite」が対応内容を発表しています。

『Rez Infinite』はネイティブ4Kコンテンツであり(HDR非対応)、Area 1~5とArea Xのすべてのステージが3840×2160の解像度でレンダリングされる。アップスケールに頼ることなく、4Kそのままの解像度で出力されるため、微細でなめらかな映像表現がさらに際立つことになるわけだ。

【VRモード】Area Xのゲーム体験がさらに高まる
PS4Proは、現行PS4と同じくPS VRを使用することができる。いずれのPS4でもPS VRにおいては4K出力およびHDRには非対応だが、PS4Proの高度な処理性能により、グラフィックスの品質向上、より高く安定したフレームレート、もしくは映像表現の向上を通じ、ゲーム体験をさらに高めることができるようになっている。

『Rez Infinite』のVRモードでは、新ステージであるArea Xのレンダリング解像度に若干の違いがあり、現行PS4が1440×810(片方の目)なのに対し、PS4Proは1920×1080(片方の目)。すべてがパーティクル(粒子)で成り立つArea Xの世界において、ひとつひとつのパーティクルの形状、それらが構成するオブジェクトや敵などが、ディテールまでより美しく表現されることになり、さらに拡張された共感覚を楽しめる。


▲画質の違いの例。左が通常のPS4版、右がPS4 Proでキャプチャーした映像を拡大したもの。同じグラデーション効果でも、より細かく描画される

全文を読む

「Rez Infinite」の素晴らしいVR体験が更に美しくなるのは実に嬉しい。PS4 Proが到着したら、AREA-Xは早めにプレイしよう。

なお、他のPSVRタイトルも幾つか比較レポートが出ています。

Battlezone
同メディアがBattlezoneをPS4とPS4 Proと比較してプレイした結果、グラフィック上の差はほとんど無い、と結論づけた。もっとも、注意して見比べると、わずかにグラフィックの輪郭線(画像処理の要素としてはsharpness)がPS4 Proの方がくっきりしている。

Batman Arkham VR
Batman Arkham VRをPS4 ProとPS4で比較してプレイしたところ、Battlezoneに比べてグラフィック上の違いが確認できた。PS4 Proのグラフィックはよりsharpnessの向上が見られ、テクスチャ描写も細かくなっている。

全文を読む

PSVRに対してはこれから発売されるタイトルに注目したい。個人的には「アイドルマスター シンデレラガールズ VR」のグラフィックを強化して欲しいけど、まぁやらんだろうな(笑)サマーレッスンはやるかも。