年金






年金資格短縮法案成立へ=参院厚労委で可決 | ニコニコニュース



 年金を受け取れない人を減らすため、年金の受給に必要な保険料の納付期間を25年から10年に短縮する年金機能強化法改正案が、15日の参院厚生労働委員会で全会一致で可決された。近く参院本会議で採決され、可決、成立する見通し。

 これにより約64万人が新たに受給資格を得る。来年10月に同9月分を支給し、それ以降は偶数月に2カ月分を一括支給する。

 政府・与党は当初、新たな給付抑制策を盛り込んだ年金制度改革法案との一括審議を目指していたが、民進党が強く反発。このため、両法案を別々に審議していた。年金制度改革法案は成立のめどが立っていない。 

全文を読む

反応

反発w反対するなら対案出せって義務教育で教わらなかったかw?ああ、日本人じゃなかったかw

また老害優遇政策か で その一方で若い連中はアメリカ主導の戦争で皆殺し 凄い政府だな 人類史上最悪だろ

政治家がまた懐に入れるのが目に見えてわかる!だいたい、何兆円も損金を出した翌日には、観支払いの年金の支払い要求が電話で直接来た

今まで真面目に払ってきた人たちの25年って何だったの?減額されるとわかってても払っていた彼らは何?ただの金づる?義務を全うした人より怠ったやつのほうが大事ってこと?

年金はあくまで老後の生活を豊かにするであって、それだけで生活していくなんて思わないことだな。

今の若い世代は長生きできんやろ、そんな気がする(笑)