ペルソナ新作?






先日話題になったアトラスの新プロジェクトに関するインタビュー記事より。

「PROJECT Re FANTASY」
ハード未定
発売日未定
価格未定

アトラスが作る、現代ではなくファンタジーの世界を舞台にした完全新作RPG。

このゲームを開発する「スタジオ・ゼロ」には、ペルソナシリーズの橋野桂P/Dやアートワークを担当する副島成記氏、サウンド担当の目黒将司氏も参加する。

12月23日22時から、この新規RPGプロジェクトを開発するスタッフを大規模に募集するという

ゲーム内容の詳細はまだ不明だが、週刊ファミ通ではアトラス取締役・平岡直人氏と、アトラスが新設するプロダクション「スタジオ・ゼロ」のクリエイティブプロデューサー&ディレクターの橋野桂氏へのインタビューが掲載されている。

以下、気になった部分を抜粋して要約

(プロダクションを創立した狙いについて)
平岡「もともとアトラスの中期計画として、新規IPを生み出すことを使命としたプロダクションを創立し、さらなる高みを目指したいという思いがあった。
この数年間、それを任せられる人間の手がなかなか空かずにいたが、ペルソナ5を終えた橋野になら託せるのではないかと。」

(プロジェクトには副島氏と目黒氏も参加されているが)
平岡「副島はペルソナシリーズに欠かせないスタッフだが、それに留まらない活躍をしてほしい。目黒もそれと同じ。これからもペルソナシリーズに軸足を置いて引き続き参画はしてもらう。」

平岡「ペルソナシリーズを始め、その他のタイトルも水面下で着々と開発している。年が改まればそうお待たせすることなく、これからのタイトルも発表できる予定。」

(スタジオ・ゼロの挑戦としてファンタジーを選んだ理由は?)
橋野「アトラスはこれまで、ファンタジーが主流だった頃からあえて現代を舞台にしたシリーズを生み出し、王道に対するカウンターを狙うような姿勢を大切にしてきた。
ペルソナ3以降のシリーズ作品などはまさにそうした思いの産物。そして、いつかは王道のジャンルにも挑み、アトラスならではの個性が詰まった作品をお届けしたいという思いを以前から抱いていた。」

(公開されたビジュアルにもヒントがある?)
「今回公開したビジュアルは僕たちの心構えを共有するためのコンセプトアート。表紙にしていただいたイラストも、このキャラが主人公というわけではない。」

全文を読む

新作「PROJECT Re FANTASY」についてはプラットフォームが判明するまで保留。12/23のニコ生でもプラットフォーム不明のままかもだし。予想はスイッチ独占で1月に正式発表とかかもね。

そして「ペルソナシリーズ」新作についてはP4からP5の間に展開された「格ゲー」「音ゲー」や「Q2」のような路線が予想できます。P6までの間に色々と繋いでいくでしょうね(笑)