ヤマトとAmazon





「アマゾン多過ぎ」ヤマトドライバーから悲鳴続出、「利便性」が生んだ過酷な実態 | ニコニコニュース




・ネットショッピング事業者としては、Amazonが独走。必然、Amazonの配達を受け持つヤマトの取り扱い数も増える。同社の2015年度の「宅急便」取り扱い総数は17億3126万件。Amazonの配達開始から3年で、およそ2億4000万件(約16.4%)伸びた。

・ヤマトでは配送件数に応じた「業務インセンティブ」があるからだ。ただし、宅急便は1個20円ほど。仮に余分に50個運んでも、1000円ちょっとにしかならない。「忙しさに比して、給料が上がった感覚はありません」。Aさんは訴える。結果として、現場にはAmazonに対する負担感が蔓延しているという。

・Aさんの場合、1日に運ぶ荷物は150個ほど。12月は200個以上の日もあったという。そのうち、2 3割がAmazonだ。「Amazonを扱うようになって、本当にしんどくなりました」

・ヤマトの現場はパンク寸前だという。前述のAさんは次のように証言する。「この1年で周りのドライバーが10人ぐらいやめました。下請けの人にお願いして凌いでいるけど、社員自体はなかなか増えない。この間も、体験入社の子を1日、トラックの助手席に乗せたところ、『仕事が慌ただしすぎる』と言ってやめてしまいました」

・「Amazonについて言えば、会社(ヤマト)が安く仕事を取って来て、現場に押し付けているという感覚です。そもそも『送料無料』は厳しいと思います。最近は、米や水など重いものもネット通販。消費者の方も『送料=手間賃』だと思ってもらえないでしょうか…」「適正な送料をいただければ、給料も上がるし、人も増えると思うのですが…」


全文を読む

反応

ほんとアマゾンは宅配も始めた方がいい それか業者の分散も効果あると思うんだけど大人の事情なのかな?しないよな

遅らせても倉庫がパンクするから配達するしかないんだろうな

経営者は客のニーズも大事かもしれないが従業員やドライバーの負担も考えてあげないとね。それができないから日本はブラック企業が多い

すいません、いつも再配達してもらってて…

佐川との客の取り合いして、佐川はこの値段では出来ぬってことでヤマトになったんだっけ。配送料多分全サイズ300円代で受けてる思うw

消費者が過度の利便を要求し、通販業者が過度に応えたことで発生した「過重労働」。互いに少しずつ譲って「三方良し」を目指すべき!


佐川はAmazon撤退してから安定したとか。最近ちょっと叩かれ気味だけど。余談ですが、ネット通販で商品は安くても送料がやたら高いところは、送料差額で利益を出している。商品安い方が検索上位に来るし。