年末年始





除夜の鐘も自粛 どうなる「年末年始」行事




ノロウイルス流行の影響で全国各地の餅つき大会が次々と中止に追い込まれている。近隣への配慮から「除夜の鐘」を自粛する動きも見られるほか、2017年1月2日には年賀状の配達は行われないという。年末年始の伝統に微妙な変化が表れつつある。

・ノロウイルスは感染性胃腸炎の主な原因になるとされるが、2016年の流行状況は特に厳しいという。国立感染症研究所の12月27日の発表によれば、1医療機関当たりの患者数は10年ぶりの高い水準。そんな中、12月に入ると集団食中毒を心配して餅つきを中止する動きが広がった。

千葉県木更津市の市郷土博物館「金のすず」は、12月23日に予定していた毎年恒例の餅つきを取りやめた。例年150人程度が集まる盛況な催しだが、食中毒の懸念をもった博物館側が地域の保健所に相談したところ、「できればやめてほしい」と助言された。このため「市民の安心安全のためにはやむを得ない」と判断し、中止を決めたという。

・最近では、寺の周辺に住宅地が広がる地域も多く、近隣住民が「除夜の鐘」に対し、「うるさい」と苦情を訴えるケースも出ている。静岡県内のある寺院では、住民からのクレームを受け、大みそかの深夜から打つ「除夜の鐘」をやめ、昼過ぎの明るい時間に鐘を打つ方法に切り替えた。「風情がなくなる」との批判もあるが、子供やお年寄りをはじめ、多くの人が鐘突きに寺を訪れるようになるなど、逆に良い効果も出ているという。

・年明けの楽しみの一つである年賀状にも変化の波が。日本郵政は「電子メールの普及などで年賀状を出す人が減っている」などとして、1月2日の配達をやめるという。年賀状の発行枚数は2015年度で約32億万枚と、過去最高だった2003年度(約44億6000万枚)から3割も減っている。人手不足が強まる中、アルバイトを確保できないことも要因の一つという。

全文を読む

反応

時代の流れだよ。 今じゃ正月に雑煮も食べない家も増えてきたんじゃない?

うちの自治会では、餅つきするけど、ついた餅は捨てて、別途購入した餅を食べる、っていうやり方

除夜の鐘がうるさいとか、除夜の鐘自粛とか、日本人か?

どれも無くても困らないけど、やっぱり寂しいような気もする。餅つきって社内の大晦日イベントで一度関わったことがあるぐらいだなぁ。その時も全部業者任せだったはず。社員はモチをつくだけで、後の切り分けとか調理は全部業者の人だった。