メタスコア






2016年に公開されたゲームのメタスコアランキングが公開されています。

The Best and Worst Games of 2016, as provided by Metacritic - NeoGAF

その中から「60点以下」の国産コンシューマタイトルをピックアップ。

224. バイオハザード アンブレラコア (PS4) - 38
219. Mighty No. 9 (PS4) - 52
217. The Tomorrow Children (PS4) - 54
212. メイQノ地下ニ死ス (VITA) - 56
211. 機動戦士ガンダム エクストリームバーサス フォース (VITA) - 57
210. スターオーシャン5 (PS4) - 58
※日本では2015年発売のタイトルも含まれています

「バイオハザード アンブレラコア」が圧倒的な低スコア。まぁリリースされたときはまだ「バイオハザード7」も発表されてなかったですし、「カプコンはリマスターとシューターでIPを食いつぶしている」といった印象が一番強かった時期ですね。それでも38点は低すぎですけど。

「Mighty No.9」は作品単体の低評価はどうでも良いのですが、クラウドファンディングで大成功を収めた日本人クリエイターの超期待インディーだったという事を考えると罪は大きい。

日本のゲームは文化の違いや開発力の低さもあって海外レビューでは低スコアがつく作品も多く、点数を鵜呑みにする気はありませんが、それでも60点を下回ると何か問題があるのか?と感じますね。