上田文人氏






「人喰いの大鷲トリコ」上田文人氏のインタビュー記事より、VRに関する興味深いコメント。

『人食いの大鷲トリコ』を制作した上田氏がVRについて発言「興味はある。が、問題もある」 | VR Inside
そんなファンの思いを代弁するかたちで、Glixelは同氏にVRゲームに関してどう考えているか尋ねたところ、以下のようなコメントが返って来た。

「ただ単純に「ワンダと巨像」のようなゲームをVR化するだけでは、ファンの皆様に答えられるようなものは作れないと思っています。

かりに「ワンダと巨像」をVR化するとして、いちばんの問題は、VR化することによってゲームに一人称視点を導入することで起こるでしょう。

VRゲーム特有の問題として、「VR酔い」があります。単純にVR化すると、気持ち悪くなるだけのゲームになるかも知れません。

この問題に関して、まだ確信できる解決策を見つけていないのです。」

同氏はVRゲーム進出に関して、「ビジネス・センス」の問題も述べている。規模の小さいダウンロード版VRゲームを作るのは、実のところ、すぐにでもできるが、「黒字となるゲーム」の制作ノウハウを見極めてからでないとVRゲームへの進出は難しい、というのだ。

それでも同氏は「VRで何かクリエイティブなものを作ることに興味がある」ことを強調している。

上田氏が「黒字となるゲームの制作ノウハウ」を指摘するとは思わなかった。まぁ「人喰いの大鷲トリコ」も無事?発売されましたし、今後はソニーからの庇護も無い(次回作もソニーパブなら話は別だが)でしょうし、スタジオを維持していく為には必要な事ですけどね。