Amazon読み放題サービス





Amazon読み放題、配信ストップの6出版社で配信再開 講談社はまだ


アマゾンジャパンが提供する電子書籍の読み放題サービス「キンドル アンリミテッド」で、昨年10月にアマゾンによって配信を止められていた約20社のうち、光文社やイースト・プレス、芳文社など6社の提供作品の配信が5日までに再開された。

 光文社によると、約530点の配信が再開されたのは元日から。同社は「アマゾンジャパンとの交渉で新たに契約を交わしたため」と説明している。ほかの社も光文社と同じ元日からの再開とみられる。

 出版社の中でも、1000点を超える全作品の配信を一方的に止められた講談社は昨年10月3日、「大変困惑し、憤っている」とする抗議声明文を発表していた。同社作品の配信は、まだ再開されていない。

全文を読む

反応

残念ながら無料期間で終わってしまいました… やはりポイントはコンテンツ。 読みたい本がなく、結局有料で買っているという状況だったので

読みたい本なかった.

読書依存症の人達が 滅茶滅茶使ってるってコトなんかな

今月契約解除したのにすれ違いとは。

やはり大手の出版社と契約しないと充実さは出ないなあと思います

復活したんですか。 それでもしょっぱいラインナップなので量より質を上げて欲しいですね。

アマゾンはどんどん傲慢になっていくな。ワイはもう全く信用しとらん

日本で普及させるなら大手の漫画が必要だろうなぁ。ビジネス面で考えると厳しそうだけど。