ファイナルファンタジー15






「ファイナルファンタジー15」が累計600万本を突破したとのこと。

「ファイナルファンタジー」シリーズ最新作「ファイナルファンタジーXV」販売本数が600万本を突破 | SQUARE ENIX
株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松田 洋祐、以下スクウェア・エニックス)は、2016年11月29日(火)に全世界同時発売したゲームソフト「ファイナルファンタジーXV」(対応機種:PlayStationR4/Xbox One)の販売本数*1が、全世界で600万本を突破したことをお知らせいたします。
*1 パッケージ出荷本数とダウンロード販売本数の合計

■世界各国でダウンロード販売も好調
「ファイナルファンタジーXV」は、シリーズの特徴である圧倒的な世界観とグラフィックに加え、高い自由度と臨場感を味わうことができるオープンワールドの採用、アクション性の高い爽快なバトルシステムの導入などが、多くのお客様から好評を博しています。発売初日に全世界500万本の販売本数*1を突破、その後も順調に追加出荷とダウンロード版の販売が伸びた結果、この度、全世界の販売本数*1が600万本を突破いたしました。

■今後もコンテンツを順次拡充、次回アップデートは1月24日予定
お客様にさらに深く「ファイナルファンタジーXV」をお楽しみいただくため、2016年12月22日(木)には第一弾ダウンロードコンテンツとして「ホリデイパック+」の配信を開始いたしました。また、2017年1月24日(火)からは、街全体でお祭りをお楽しみいただけるインゲーム・イベント「モグチョコカーニバル」を期間限定で開催します。同時に、ゲーム内カメラ機能の拡充等のアップデートを実施する予定です。それ以降もゲーム本編をさらに進化させるアップデートを順次実施していくほか、新しい遊びをご提供する有償追加ダウンロードコンテンツの配信も行い 、「ファイナルファンタジーXV」の世界をさらに深く広く楽しんでいただけるよう、拡充を図ってまいります。

■「ファイナルファンタジーXV」について
最先端ゲームの感動体験をすべてのユーザーに──。初めて「ファイナルファンタジー」をプレイする人のための、15番目の最新作。「リアル」と「ファンタジー」の融合により生み出される圧倒的な世界観とグラフィック、そしてシリーズ初の挑戦となる「オープンワールド」の採用、さらにアクション性の高い爽快なバトルの導入によって、プレイヤーは世界に浸り、これまでにない最高の自由と臨場感を味わうことができます。

前回は初日の500万本でしたっけ。リリースにもあるようにDL版の伸びが凄いみたいね。先般、英国ではデジタル販売がパッケージを凌駕したというニュースもありましたし、パッケージだけで成否を語る時代は終了したのかも知れません。

で、プレイステーションVRコンテンツはどうなったんだろ?