年賀状





年賀状はもはやオワコンか? 元日の配達枚数は8年連続で減少、LINEでの新年挨拶も若者を中心に広がる




年賀状を書く人が減っている。日本郵政が1月1日に発表したデータによると、年賀状の元日の配達枚数は1人当たり約13通の約16億4000万枚。昨年から約6%減少した。前年割れは8年連続だ。

また、読売新聞が9日に掲載した記事によると、2017年の年賀状発行枚数は約30億枚の見込み。ピーク時の2004年の約44億6000枚から大幅に減少した形となった。

年賀状が廃れた理由としては様々な理由が考えられるが、ネットでは、

「年賀状の文化は嫌いじゃないんだけど、送り先の住所を知らない」
「SNSの影響より、個人情報保護の影響の方が大きいと思ってる。職場の人もクラスメートも、今は住所お互いにわからないのが普通だから」

など、プライバシーの管理が厳しくなったことを指摘する声もある。

全文を読む

反応

年賀状が減っているのにも関わらず、何故25日までに出さないと元日に届かない?
クソ忙しい師走に、年賀状なんて書いてられないよ。

もう年賀状の時代じゃないよ。いつまで続くやら年賀状なんて風習…
メールで済むだろ。

2割は上司から水増し報告させられるから、実際には元旦13億くらいだろうな。
最終18億として、12億枚は自爆営業と闇の無料交換だな。


住所を知らない知人が増えたってのは確かにあるなぁ。年賀状のために住所を聞くのも面倒だし。私も来年からはネット申し込みで年賀状を作ろうと考えている。印刷とか手間だし。