iPhone





Facebookを利用する女子高生はわずか1割--MMD研究所が調査


 MMD研究所は1月18日、インテル セキュリティ(日本での事業会社はマカフィー)と共同で、「女性のスマートフォン利用実態調査」を実施した。調査期間は2016年12月6~10日。調査対象はスマートフォンを所有する15歳~49歳の女性1574人。内訳は女子高生328人、女子大生412人、20~30代の社会人独身女性416人、30~40代の既婚女性418人。

 まず、所有しているスマートフォンを聞いたところ、iPhone(キャリア、格安スマホ所有を含む)の所有率が女子高生では84.8%と最も多く、次いで女子大生が79.6%、独身女性が69.9%、既婚女性が62.9%となった。一方、Android端末の所有率は、iPhoneとは真逆の結果となり女子高生の所有率が最も低く、既婚女性の所有率が35.1%と最も高かった。



 格安スマホの所有率は、iPhone、Android端末(キャリア、格安スマホ所有を含む)を合わせると女子高生が6.7%、女子大生が4.1%、独身女性が11.3%、既婚女性が7.8%となり、独身女性の格安スマホ所有率が最も高いという結果になった。

全文を読む

反応

今時どれ持っても一緒だから「皆と同じ物を持つ」事がステータスなんだろうな

この異常な流れは暫く続きそうだね

Android派は「敢えて」って感じだろうね

すげーな。アップル信者とは違ってiPhoneだけって印象もあるけど、ここまで確立してしまうと強い。