残業





残業「月最大100時間までOK」にネットの怒り爆発 | ニコニコニュース


今回の政府案は、残業時間の上限を原則「月45時間」「年間360時間」と法律上で規定し、36協定を結んだ場合でも月平均60時間、年間720時間に制限しようというもの。企業の繁忙期にも配慮し、6カ月間は「月最大100時間」「2カ月平均で80時間」の“例外”を設けることも検討されている。違反企業には罰則を科すという。

しかし野党がさっそく指摘しているように、今回の改正案がいまだ大きな問題を含んだものであることは疑いの余地がない。厚生労働省が定めるいわゆる“過労死ライン”は、「発症1か月間におおむね100時間」ないしは「発症前2~6カ月間に1か月あたり約80時間」となっている。政府が設けようとしている“例外”が、過労死ラインに抵触しているとは、ブラックジョークにしても質が悪すぎる。

ツイッターの反応

「繁忙期が60時間でしょ。100時間は過労死基準ですよ。めちゃくちゃだ。政府がお墨付きを与えてしまう。断固反対です」
「繁忙期でも認めるな!!人間に月100時間の残業を認めるな!!まだ人間を殺す気か!!って思いますよ」
「繁忙期は残業100時間までオッケーはヤバいよなぁ。結局何も変わってないと思う」

「そんな事やってもさ、会社は調整しちゃうんだよ」
「60時間以上の残業禁止にしても『はいタイムカード押してー』ってなるだけで今とそんなに変わらないよね」
「皆、タイムカード押してから残業するからねww意味なしwwwwww」
「タイムカードを定時で打ったあとサービス残業させられるケースが増えるだけだろうな」


全文を読む

反応

サービス残業で表向きは好調の企業の実態を政府は徹底的に調べないて 是正しないと日本の税金は移民を募っても尻つぼみとなるだろう

給料の発生しない労働は法人においては違法という法律をつくれば解決。残業60時間を超える場合従業員の健康診断を義務付けるのと費用は全額会社負担。

さらっと残業100時間やらせる会社なんてどうせ残業手当どころかサビ残で無給でしょう?

まず残業賃金を3倍以上にすべきだわな。そうすれば実入りも多くなるし、違法タダ残業で通報する確率も高まるしな

会社「どうしても自主的に残業するならタイムカード打ってからにしろ」勿論残業せずに仕事が残ったら怒られる

100時間いって無い会社は大喜びで残業させるし、100時間超えてる会社はサビ残させるだけ。悪化しかしない

何度か書いたかもだけど企業への罰則を強化すべき。サビ残は事業所や部署単位で勝手に行う事も多いので、従業員から通報しやすい流れも作るべき。罰金とか甘いのではなく、一定期間事業停止ぐらいやらんと改善されない。