クロスレビュー






クロスレビューが判明しています。

PS4/PS3/Vita『三国志13 with パワーアップキット』9/8/9/9(35点)

Vita『ディアボリックラヴァーズ ロストエデン』8/8/8/9(33点)
Vita『かまいたちの夜 輪廻彩声』8/8/8/8(32点)

PS4『Moon Hunters(ムーンハンターズ)』7/8/8/7(30点)
PS4『Mercenary Kings(マーセナリーキングス)』8/7/7/8(30点)

WiiU『Teslapunk(テスラパンク)』7/6/7/7(27点)
PS4/Vita『NidHogg(ニーズヘッグ)』7/7/6/7(27点)
PS4『Emily Wants to Play(エミリー ウォンツトゥプレイ)』7/7/6/6(26点)

全文を読む

来週発売の新作はコチラ。

2017年02月16日
PS4/XB1 フォーオナー
PS4/Vita 萌え萌え2次大戦(略)3
PS4/PS3 三國志13 with パワーアップキット
PS4 デジモンワールド -next 0rder- INTERNATIONAL EDITION
Vita ディアボリックラヴァーズ ロストエデン
Vita かまいたちの夜 輪廻彩声

「フォーオナー」はレビュー解禁の関係で次週以降か。

この中で注目タイトルはVita「かまいたちの夜 輪廻彩声」でプレイ時間は主要ルートクリアまで20時間。コメントは「賛否両論あるものの、キャラ表現がイラストになったのは新鮮」「キャラがシルエットだった頃に比べ、想像して楽しむ余地はなくなったが、イラストのおかげで人物像がパッと掴めるし、推理もまとまりやすくなった」「事件現場がありありと描かれ、よりホラー味が増した」「新規層向けのアレンジとしては非常にキャッチャーなつくり」

発表された時から盛大にバッシングされた「かまいたちの夜 輪廻彩声」ですが、当ブログでも指摘しているように、あくまでも新規層向けの作品でしょう。オリジナルはゲームとしては「古典」ですし。我々古参は「そっと見守る」べきなんでしょうが、残念ながら原作ファンからの反発は5pb.の予想以上に大きかったのかも知れません。推理モノはネタバレ被害も甚大ですし、あまり売れないだろうなぁ。

気の毒なのはキャラデザを担当した有葉氏。発表後の謝罪騒動もありましたし、個人的には好きな絵だけに勿体ないとしか。

かまいたちの夜 輪廻彩声
5pb. (2017-02-16)
売り上げランキング: 182