少年法





少年法18歳未満引き下げ諮問=再犯防止で刑罰新設も―金田法相 | ニコニコニュース


 金田勝年法相は9日、法務省で開かれた法制審議会(法相の諮問機関)総会で、少年法の適用年齢を現行の「20歳未満」から「18歳未満」に引き下げる法改正を諮問した。少年法の保護処分対象から外れる18、19歳の再犯防止教育を充実させるため、刑罰制度の見直しも諮る。

 法務省は2015年11月に勉強会を設置し検討を進めてきた。昨年12月に公表した報告書では、選挙権年齢が「18歳以上」に下げられ、民法上の成人年齢も引き下げが検討される中、刑事司法上の「大人」の年齢も同じにすべきだとの意見が出された。

 一方、これまで保護処分を受けてきた18、19歳の少年が少年院での指導を受ける機会を失うことで、再犯増加の懸念も指摘された。

全文を読む

反応

選挙権の引き下げが発生したので、真っ当な議論かな。

14歳まで下げてもいいぐらいかと?

18歳から選挙権を与えるなら当然、大人として扱うべきです!

殺人や強盗などの凶悪事件に限って、まず引き下げるべきでわ。小学生でも盗みや殺人は悪いことって分かるんだから。それか全て裁判員裁判にして、その都度、適用するか否か決めるか

成人式見ても分かる通り、馬鹿が多いんだから引き下げ早急に!

年齢ではなく犯罪態様で区別すべきです。普通の大人では矯正の難しい強姦や暴行、恐喝などの少年犯罪は刑法犯とし、万引きや器物損壊程度なら少年法適用です

人殺してもたいした刑にならん少年法なんていらんでしょ。

犯罪の種別によっては完全撤廃した方がいいんじゃ?と思う事も最近多い。