ニンテンドースイッチ





マリオ後出しは計画通り? 「Switch」の戦略


任天堂のソフトしか売れない状況に歯止めをかけたい

2つめの狙いとして、任天堂はサードパーティー製のタイトルが売れない状況に歯止めをかけたかったのではないだろうか。

 任天堂のゲームハードは、ニンテンドーDSやWii、Wii Uにおいて「売れるのは任天堂のゲームソフトだけで、サードパーティーのソフトはサッパリ売れない」という状況が続いている。初代ニンテンドー3DSを発表した2010年の「任天堂カンファレンス2010」でも、当時の岩田 聡社長が任天堂が取り組むべき課題として挙げていた。



任天堂が社運を賭けるNintendo Switchの発売にあたり、スーパーマリオやマリオカート、スプラトゥーンなどのビッグタイトルがローンチタイトルとして並べばインパクトは大きく、スタートダッシュには有利となる。本来ならば、そうするのが理想的だ。だが、Nintendo Switchをともに盛り上げようとするサードパーティーの存在を無視することはできない。

 サードパーティーのローンチタイトルを見ると、『ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch』『SUPER BOMBERMAN R』『信長の野望・創造 with パワーアップキット』『ぷよぷよテトリスS』『いけにえと雪のセツナ』『魔界戦記ディスガイア5』など、そこそこタイトルはそろっている。だが、前述の任天堂のビッグタイトルと比べれば知名度や人気に欠けるのは否めない。

 この状況で自社のビッグタイトルをローンチで発売してしまえば、これらのサードパーティー製タイトルの注目度や販売は低迷し、Nintendo Switchに対するサードパーティーのモチベーションは大きく下がってしまうだろう。そうなれば、サードパーティー製のタイトルがサッパリ出なくなって早い段階で幕引きに追い込まれたWii Uの二の舞になりかねない。そこで、あえて自社のビッグタイトルの発売を急がず、サードパーティーに花を持たせたのではないだろうか。任天堂ファンにとってはいささか物足りない船出となるが、長い目で見ればサードパーティーのタイトルが充実し、好ましい流れにつながるのではないかと思われる。

全文を読む

反応

プラットフォーマーのマリオがローンチタイトルだった任天堂ハードの方がレアだった気がするんだけどな

ローンチが一番の勝機なのに、それを「あえて」リリースするタイトルを絞って…なんて苦しい言い訳している時点で・・・

分散なんてさせたらホワイトスケジュールまっしぐらじゃん

尼ランとか見るとロンチで出るサードソフトより1ヶ月遅れくらいで出るマリカ完全版の方が上って時点で

一応成功したwiiの後に出た産廃の時にもこんな事言って気がするなぁ

サードからのタイトルが何もない状況なのに、花を持たせる必要がどこにあるんだよ

任天堂一筋の人達がどのように受け止めるかは判らんけど、PSタイトルの移植が目立つってのがなぁ。せめてモンハンが発表されていたら状況は変わるんだろうけど。