電車内のゲーム





「電車内のゲームに抵抗ない」社会人男性、2年で増加 | ニコニコニュース


〈通勤途中の電車の中でゲーム(スマホゲームや携帯型ゲーム)をすることに抵抗感はある?〉

※数値は 2015年 → 2017年
・抵抗感がある 36.0% → 33.5%
・抵抗感はない 64.0% → 66.5%

こちらも「抵抗感はない」派が2.5ポイントのみ増加、やはり変化とまで言えるほどの違いはない。2年という調査間隔では代わり映えのしない結果となったが、男女別で数字を見るとすこし趣が変わってくる。

※数値は 2015年 → 2017年
【男性】
「抵抗感はない」 64.0% → 72.0%

【女性】
抵抗感はない 64.0% → 61.0%

2015年の調査では、男女とも「抵抗感はない」派が全く同じ数字だったが、今回の調査では、男性は「抵抗感はない」派が8ポイント増と、十分に“変化”といえる傾向を見せた。一方、女性は数値の変化こそ少ないものの、男性とは逆に「抵抗感はない」派が3ポイントの“減少”を見せている。都合11ポイント、たった2年で男女にこれだけの差が生まれているというのが興味深い。

全文を読む

反応

通勤電車でおとなしくしていただけるなら問題ない。社内で飲み食い・大声で会話等に比べれば他人への配慮はできている。

音漏れしてなければどうでもいい、というか音漏れしてなきゃゲームしてるかどうかわからんだろそもそも……画面覗き込んでるのか?

生まれた時から「ケータイが当たり前に在った」世代では「幼稚さ」なイメージが無い人も多いのだろう。大人でもゲームをするものと思うのは金髪と同じで親の姿では?

「ヨッシャー!」とか騒いだり、ゲーム機をシャコシャコしなければ、別に構わない。

アクション要素があるゲームは満員電車では鬱陶しいかも。私は電車では電子書籍を読んでいます。かなり昔に購入した手塚治虫作品集を少しずつ(笑)