馬場英雄氏






新スタジオとスクエニ移籍で話題を呼んだ馬場氏と松田社長インタビューより。

・前職で大きなIPを任されていたが、ゲーム以外のビジネス展開をする中でそろそろ後輩たちにバトンタッチしてもアリではないかと考え、節目のタイミングで退職という道を選んだ

・自分がこの先後何本ゲームを作れるのかと考えた時、RPGのつわものが多くいる中でもう一度チャレンジしたいと思った。それでスクエニの門を叩いたのが昨年10月の話。

・松田社長「彼には新規IPを作ってもらうのと同時に、あたらしい才能を発掘してもらいたい。」

・「スタジオイストリア」は、物語を作り出していく職人集団の会社、という意味の造語

・イストリアのマスコットキャラクターはチョコボシリーズなどのキャラデザを担当している板鼻利幸氏。名前はまだない。

・このマスコットキャラは個人的に、今後ゲームにも登場させたいと思っている

・今手がけている新作では、「やさしさ」や「暖かさ」を世界観として表現したいと思っている。殺伐とした雰囲気ではなく、「早くあの温かい世界に入りたい」と思ってもらえるようなゲームを作りたい

・小さい頃から慣れ親しんできたアニメやコミックをベースにした表現にしたい。

・ファンタジーの原点に帰って、どストレートの、ど真ん中のファンタジーRPGを作りたいと現時点では構想している。北欧神話や、ドワーフ、エルフといった様々な種族がいる世界観。

・登場人物の成長を描いたり、メッセージ性の強さと言った"馬場らしさ"は変えたくない。

・(発売時期は?)今の時点では・・・

・(プラットフォームは?)最終的にどうなるかは分からないが、据え置き機にこだわりたいという想いは強くある。ただスマホを含め、ビジネスチャンスのあるプラットフォームも検討はしたい

・もちろん海外展開もチャレンジしていきたい。

全文を読む

馬場氏はインタビューの中で「コンセプトアートはリアル寄りだが、私が武器にしているのは暖かくてやさしい絵作り。日本人が慣れ親しんでいるアニメやコミックをベースにした表現にしたい」と語っています。



この絵を先に出してきたら「リアル寄り?」と思われても仕方ない(笑)



この戦闘シーンイメージイラストは構想っぽい感じだけど。

あと「据え置き機にこだわりたい」とありますので、PS4メインでの展開に期待して良さそう?ニンテンドースイッチも「持ち運べる据え置きハード」だったか。

なんだかんだで期待していますので、続報が楽しみ。