SSD





【福田昭のセミコン業界最前線】 SSD世界出荷台数は過去6年で約12倍に急成長 ~日本HDD協会2017年1月セミナーレポート(SSD編)


SSDの年間出荷台数(世界市場)は2009年以降、急激に増加してきた。昨年(2016年)の出荷台数は前年比17.1%増の1億845万台と推定した。2010年以降、7年連続の2桁成長である。2010年にSSDの年間出荷台数は880万台だったので、この6年間で12.3倍と急激に増加したことになる。そして2016年は初めて、年間の出荷台数が1億台を突破した年でもある。

 出荷台数を用途別に見ると、PC向けが6,580万台で最も多く、全体の6割(60.7%)を占める。次いで後付け(アドオン)向けが2,750万台と多い。それからエンタープライズ向けが1,120万台である。産業・その他向けは395万台とまだ少ない。

全文を読む

反応

SSDも一般的になったよな

もう少し安くなったら更に伸びる

1TBクラスがもっと下がらないかなー

まぁ私もメインPC、サブPC、ノートPC、PS4でSSD入れているからなぁ。PS4もVer4.50の外付けHDD対応で内部ストレージを500GBクラスのSSDに抑えるって選択もできるのよね。