認知症





相次ぐ開発失敗 「認知症を治す薬」はなぜ出来ないのか(市川衛) - Yahoo!ニュース


認知症の最大の原因とされるアルツハイマー病。日本のみならず世界中で多くの人が抱える病ですが、いまだに根本的な治療法がありません。

今月14日、アメリカの製薬大手メルク社は、アルツハイマー病の治療薬として期待されていた薬剤「ベルべセスタット(Verubecestat)」の開発を一部中断すると発表しました
軽度から中度のアルツハイマー病を抱える方に、この薬を投与する大規模な試験を行っていたのですが、外部の機関により「良い効果が出る見込みがない」と指摘され、中止に踏み切ったということです。

この薬は「今度こそ成功するのでは」と期待されていたものでした。去年、32人に投与する小規模な試験を行ったところ、この病気の原因とされる「アミロイドβ(ベータ)」という物質が減るなど、期待を持てる結果が確認されていたからです。

ところが今回、実際に多くの人に投与してみると、どうやら「認知機能の衰えを防ぐ」ことができなそうなことがわかりました。

実は近年、アルツハイマー病治療薬の開発は「連戦連敗」を続けています。ウォール・ストリート・ジャーナルの記事によれば、過去10年間に世界中で行われたアルツハイマー病の薬の試験のうち99.6%が失敗しているということです。

全文を読む

反応

「認知症」って治すものなのかな?老化という自然現象であって人知ではあがなえない気がする。介護する周りが大変なのはもちろん分かるけど。

Googleの創業者が老いは病気で治療可能とか言い出してから、なんかこの種のアプローチは根底的におかしいんじゃないかって思ってた。

脳の寿命だよ。

老化現象だし、その人の生き様が出る感じがする。毎日 興味を持ってチャレンジするしかないのかもね?

医学の進歩とやらで体だけは長生きするようになったけど、それがそもそもの間違いなのかもしれない。今、認知症の家族を抱えている人には深刻でしょうけど、その世代に至っていない人の多くは「そうなる前に召されたい」と考えているんじゃないかな。どうせ金も無いし(笑)