Windows7





Windows 7サポート終了でも3割以上のPCが移行漏れか、IDC Japanが調査


IDC Japanは2017年3月7日、国内企業を対象に実施した、2020年1月予定のWindows 7延長サポート終了への対応状況の調査結果を発表した。Windows 7からWindows 10への切り替え計画のある企業は全体の56%であり、計画がある企業でも2019年末で34.6%のパソコンはWindows 7を搭載している見込みだという。Windows 7は2020年1月に延長サポートが終了する。

 調査結果によると、Windows 7からWindows 10への切り替えが、Windows XPからWindows 7の切り替えよりも遅れる見込みだ。Windows 7搭載パソコンが2019年末時点でも34.6%稼働見込み(65.4%がWindows 10に切り替え)。Windows XPパソコンは延長サポートが終了した2014年の時点で29.3%(回答した558社での値)だった。

 2019年末時点のWindows 7稼働率である34.6%は、OSの切り替え計画がある企業での見込み値。Windows 10への更新が遅れている理由は、既存システムとの互換性だという。既存システムの互換性を評価していない企業は約2割という

全文を読む

~ 2020年のWindows 7の延長サポート終了に警鐘を鳴らす ~ 国内企業PCのWindows 10への切り替え計画分析結果を発表

反応

個人的にはWindows 10は特段使いにくいとは思わんが職場で使ってる業務ソフトが7までしかサポートしとらんのだ

既存システムもクソもないのに「使いにくい・わからない」という理由で更新しないウチの人たち

2020年で7の延長サポートも終わるからそろそろ意識しようね

Macと違ってアプリの互換性がウリだったのにどうしてこうなっているのか皆目わからない

Win10は悪くないと思うけど、Win7で使っていた数本のアプリを断念したのは痛かった。企業の場合は専用の基幹ソフトとかもあるので移行には手間やコストが掛かる場合も。とはいえ、いつまでも放置する訳にはいかんのだけどね。