残業





「月100時間残業」って実際どうなの? 「記憶飛んでた」「吐きながら仕事」と経験者語る


3月13日に立てられた「残業100時間って辛いんか? 社畜J民教えて」というスレッドでは、翌日までに1000近いコメントが寄せられた。かなり多くの人が長時間労働に苦しんでいる様子がうかがえる。中には、交通事故を起こしてしまった、と書き込む人もいた。
「車の運転中に意識失ったんか自分でも分からんのやけどカマほってもた。10年無事故無違反やったから警察もかなり不審がって残業時間の事言ったら苦笑いされた」

仕事以外のことが何もできないと、生きる意味を見失ってしまうのも無理はない。「『なんで生きているんやろ』って毎日考えていた」「何のために生きとるかわからんようなる」といった声も多かった。

ツイッターにも長時間労働の過酷さを訴える投稿が相次いだ。「現在鬱病で療養中です」「昔、月80時間を4ヶ月やってみたけど、入院」と休職や入院を余儀なくされている人もいる。

「朝は8時半に家を出て夜中の3時すぎに帰ってきてを繰り返していた時は何が何だかわからなかったなぁ」
「半年くらい無休で7時から26時まで働いてた時期あって、だいたいの記憶飛んでましたね」
「たとえ年にひと月だけだろうとも残業100時間の生活はしたくありません」


全文を読む

反応

月70~80くらいを3年続けてる。たまに地面がゆらゆら揺れてるように感じるのと関連があるのかな。そのラインにはギリ至ってないと思ってるけど。

1日は24時間しか無いのにな。

「24時間仕事バカ」とか「仕事と生活の境界はない」とかの人たちは、絶対に認めない意見だろうな

月100時間だと1ケ月間1日5時間の残業が許される。つまり、1日12時間労働が1カ月。フツーに考えて死ぬぞ?


私も90~100時間残業が恒常的だった時期がありましたが、その時は「それが普通」だと思っていたのよね。周囲もそうだったし若手だったので早く帰らせていただいていたという(笑)

今から考えると頭がオカシイとしか。