シャープ





鴻海から来た新社長が吠える!「シャープにはガバナンスがなかった」 就任後初の記者会見 その中身(現代ビジネス) - Yahoo!ニュース


シャープ・戴社長初めての記者会見より

(中略)

Q もう液晶テレビで稼げる時代ではない。これからシャープをどういう会社にしていくのか。
 戴社長 IoTの会社に変える。先週、総務省に呼ばれ「第41回家電メーカー懇親会」という会議に出席した。ソニーやパナソニックの社長も呼ばれていた。そこで私はパナソニックの津賀(一弘社長)さんに「この名前は正しいのですか」と訪ねた。自分たちのことを「家電メーカー」と呼んでいるのはおかしいと思う。

 家電は家に帰ってスイッチを入れないと動かないが、IoTは利用者がオフィスから動かせる。「もうすぐ故障するからパーツを替えましょう」という提案もできる。今、IoTの最先端は中国にある。だからシャープは深 に研究・開発センターを設立した。富士康(フォックスコン=ホンハイの中国製造部門)の工場も目と鼻の先にある。

 ITの使い方において、日本はすでに先進国とは言えない。2020年にはIoTで一番遅れた国になっているかもしれない。だから総務省も頭を痛めている。シャープはホンハイと力を合わせ、グローバルなIoT企業になる。

全文を読む

反応

悲しいかな一言も言い返せない

東芝も同じ

一面てきな見方かもしれませんが,日本人が地道で努力家で真面目というのは幻想なのかなと思います。日本人は優秀という幻想が日本を滅ぼすような気がします。

あの頃(バブル)は良かった世代が牛耳る日本が政治も含めて良くなるはずがない。口だけで自ら動こうとしないもの


俺たち40代も含めたそれ以上が「日本は凄い」幻想に縛られているからなぁ。今の若手(20~30代)に期待するしかないのだが。