ヤマト運輸





「12 14時」の指定配達廃止=ドライバーの負担軽減―労使合意・ヤマト運輸 | ニコニコニュース


 ヤマト運輸は16日、2017年春闘交渉で、顧客が選べる宅配便の時間指定配達サービスのうち「12 14時」の指定区分を6月中に廃止することなどで労使が合意した。「働き方改革」の一環で、ドライバーが昼休憩を取りやすいよう負担軽減を図るのが狙い。

 顧客の帰宅後の受け取り希望が集中する「20 21時」の指定区分も6月中に廃止して「19 21時」に改め、遅い時間の配送負担を緩和。これに先立ち4月24日からは、再配達の受け付け締め切りの時間を現行の20時から19時に繰り上げる。

(中略)

ヤマトの宅配便の取り扱い個数は、インターネットによる通信販売の拡大に伴い急増。16年度は前年度比8%増の約18億7000万個と過去最高になる見通しだ。このためドライバーの長時間労働が常態化し、過重な負担の軽減が課題となっていた。 

全文を読む

反応

いいことだけど、19-21にすると確実に受け取りできない人が増えて、更に再配達が増えると思う。再配達は有料とかにしないとダメよ。

元々「12 14時」の時間帯指定は1番需要なさそう。人の都合なんて千差万別だし実際の所は知らないけど

12-14は指定が元々少なく無くなったから昼食べれるとは思えず・・・夜間も絶対帰宅していない荷物だらけになりそう・・・

問題はこの案件でkonozamaが飲むかどうかだよなー。佐川がやめてヤマトもだめで、次に振れる運送会社なんて居るかな…

不在なら自動的に最寄りのコンビニに渡すとか無理なんかな

なんとか宅配ロッカーの普及を推進してほしい所

前も書いたけど、12時~14時なくしたら、午前中指定が増えそうなんよね。というか、俺の家に来るドライバーさんは必ず事前に電話くれるけど、他のところはそうじゃないんか?