風呂とiPhone





風呂で「iPhone」を充電、感電死する事故が発生


英国人男性のRichard Bullさんが浴槽で死亡しているのが発見された。 ロンドンの自宅で重度の火傷を負ったBullさんの遺体は、夫人によって発見された。

 The Daily Mailの報道によると、現場に到着した警察は、廊下から浴室に延長コードが延びているのに気付いたという。

 警察官のCraig Pattinson氏はBullさんの死因審問に対して、「われわれは延長ケーブルにつながれた『iPhone』と充電器を浴槽で発見した」と述べた。

 「延長ケーブルは床の上にあった。おそらく、彼は充電器を胸の上に載せていて、充電器とケーブルの間の部分が水と接触したのだろう」(Pattinson氏)

 死因審問では、32歳のBullさんの死因は事故による感電死と結論づけられた。検死官は、ヘアドライヤーと同様に携帯電話も水の近くで使うのは危険だということを人々が理解していないことに、極めて大きな懸念を抱いているという。検死官は怪死や突然死、変死について調べる役職だ。

全文を読む

反応

一般教養の欠場が原因なのにスマホメーカーの注意喚起不足の一言に納めちゃうのか…

7だったかどうかと、お湯に触れてたのがライトニング端子なのかそれ以外なのかが気になる

風呂でAC100Vを使用する勇気と根性はまだない

ドライヤーとかに比べ、電子機器を舐めている人は多いと思う。