YouTube





YouTube、視聴回数1万未満のチャンネルは広告収入なしに


 米Google傘下のYouTubeは4月6日(現地時間)、「YouTubeパートナープログラム(YPP)」を改定し、視聴回数が1万未満のチャンネルには広告を表示しないようにしたと発表した。

 その目的は、YPPに登録するクリエイターの収入を守るためという。視聴回数が1万未満のチャンネルには、広告収入目的でクリエイターの人気動画や著作権を侵害する動画などを投稿するものが多いとしている。

 この制限を設けることで、YouTubeはチャンネルの妥当性を判断するための十分な情報を得られるようになり、チャンネルがコミュニティガイドラインを順守しているかどうかも確認しやすくなるとしている。

 YouTubeは言及していないが、最近懸念が高まっている不適切な動画広告が表示される問題の対策にもなるだろう。この問題でMcDonald's、トヨタ、AT&Tなど大手企業がYouTubeから広告を引き上げた。YouTubeはこの問題に対処すると約束している。

全文を読む

反応

審査はしっかりとやって欲しい。

弱小チューバー涙目?

この対策で、ニュース文章をコピペしてテキストをエンドロールのようにスクロールで流すだけのゴミ動画が無くなるといいなぁ

iPhoneで検索したらゴミのようなユーチューバーだらけになるのは勘弁して欲しい

それなりに利益を上げているユーチューバーには関係の無い話だと思いますが、これからユーチューバーを目指そうって人にはハードルが高くなったか。少し前に「小学生の夢:ユーチューバー」記事を書いたばかりってのに(笑)

YouTubeにはユーチューバーか公式動画なのかをフィルタする機能が欲しい。