ブックオフ





ブックオフ、業績不振 買い取り価格に不満の声も | ニコニコニュース


漫画や単行本などの中古書籍の販売を中心に取り扱う、ブックオフが業績不振に陥っている。

2016年12月期の営業利益は5億1200万円の赤字。これを受けて、経営の立て直しに2017年4月10日付で松下展千(のぶゆき)社長が辞任。後任に堀内康隆取締役執行委員が就いた。
主力の書籍、14か月連続で前年割れ

ブックオフの業績悪化の要因は、主力商材の書籍やソフトメディア、アパレルの販売が低迷しているからだ。なかでも書籍は2016年2月以降、14か月連続で前年割れしている。直近の3月の月次売上高も、書籍は前年同月比3.6%減。全体の売上高(既存店ベース)も2.7%減った。

業績不振について、インターネットでは、

「物を大切に...... みたいなアナウンスしてるのに売ると安すぎて、これはガラクタですと言われているようで腹が立つ」
「10円で買い取ったものを500円で売り、これは買値が付きませんとタダで引き取ったものを100円で売る商売。二度と利用したくない」

と、同社の買い取り価格への批判の声が上がっている

全文を読む

反応

売値が高いなら買値も高くなる。安値を維持するなら当然安く買い取る。利益が出てなんぼが商売だから、そこが釣り合わなくなってきたんだよなぁ

他で売ったほうが高いし、売れなくてもメルカリとかオークション出すって手もあるから今更タダ同然の所に売ったりはしないだろ・・・

ブクオフより、尼のマーケットプレイスで送料足して買う方が安いんだよね!本屋で出来ない立ち読みをやるところであって、買ったり売ったりする所じゃないよ!

ビジネスモデルが時代に合わなくなった。それだけ

売りに行くガソリン代が勿体無いレベルの買取値だもんなぁ

売るには安いし、買うには高い現状をなんとかしないと客は戻らないけど、経営が更に厳しくなるからメスを入れるのも難しい。どうにもならんね。