誤診





「私の誤診率は14.2%」 神経内科医の権威が述べた衝撃 | ニコニコニュース


「私の誤診率は14.2%である」

 神経内科の権威で東大名誉教授の冲中重雄氏は、1963年、東大を退官する際の最終講義でこう述べた。

 これは臨床診断と剖検(病理解剖)結果を比較して出した数字で、医療関係者はその率の低さに驚嘆したが、市井の人々は逆に、日本最高の名医でも14%も誤診があるという事実に衝撃を受けた。

 それから50年以上が経過した。体の内部をチェックするMRI(磁気共鳴画像)検査などが導入され、医療は確実に進歩しているが、誤診の割合は変わっていない。神経内科医の米山医院院長の米山公啓氏が言う。

「近年は医療の専門領域が細分化され高度になった半面、医師に柔軟性や対応力が欠けているように思います。“全体を診る医療”という意識が希薄になっており、自分の専門外の病を患った患者に誤った診断を下したり、重篤な病気を見逃してしまうケースがある。とくに、どんな変化でもかかりつけ医にまず相談をしてしまう高齢患者が“被害”に遭っているように思います」

 2004年に世界的に有名な医学専門誌『Archives of Internal Medicine』に、フランスの医師らがICU(集中治療室)で死亡した人々の剖検結果についての論文を掲載した。そこには〈生前診断の約30%は誤診だった〉と書かれていた。再び米山氏が言う。

「最初の診断が間違っていれば、その後も誤診のまま治療が進み、自分が本当は何の病気だったかわからないまま死んでしまう人が、これだけいたということ。医療先進国のフランスでさえこの数字です。日本でも同様の確率で誤診が起こっていてもおかしくない」

全文を読む

反応

「Dr.HOUSE」なんか見ると症状に対する病名が滝のように出てくるもんなぁ・・・はっきりした頃には手遅れになってるってことも

誤診は誰にでもあります。あとで冷や汗かくことも。あってはならないことですが。

神経内科でこの数字は立派だよ。神経内科は診断名が多岐にわたるし、検査ですぐにわかるほど単純じゃない。

14.2%の誤診は普通の病院でいくら調べても原因がわからなかった難しい症例だけが集まる大学病院での話だからな。

別に衝撃でも何でもない。筆者は病気になったことないの?殆どが糞ヤブ医者なので誤診率14.2%は本当に名医だと思う。

名医でこの数字だからなぁ。私も大きな病気にかかった事が無いので「え?」と思った