北米NPD






北米NPD3月のソフトランキングが判明

NPD Sales Results For March 2017 [Up1: Switch stats, Ghost #1/For Honor #2 YTD, more] - NeoGAF
1. Tom Clancy's Ghost Record: Wildlands (Ubisoft)
2. The Legend of Zelda: Breath of the Wild (Nintendo)
3. Mass Effect: Andromeda (Electronic Arts)
4. Horizon: Zero Dawn (Sony)
5. MLB 17: The Show (Sony)
6. Grand Theft Auto V (Take-Two)
7. For Honor (Ubisoft)
8. NBA 2K17 (Take-Two)
9. Nier: Automata (Square Enix)
10. Call of Duty: Infinite Warfare (Activision Blizzard)
11. Kingdom Hearts HD 1.5 + 2.5 = 4.0 Remix (Square Enix)
12. Battlefield 1 (Electronic Arts)
13. 1-2 Switch (Nintendo) - 19% attach rate to the Switch.
14. Resident Evil 7: Biohazard (Capcom)
15. Overwatch (Activision Blizzard)
16. Tom Clancy's Rainbow Six: Siege (Ubisoft)
17. Super Bomberman R (Konami)
18. FIFA 17 (Electronic Arts)
19. Lego Worlds (Warner Bros)
20. Madden NFL 17 (Electronic Arts)

なんだかんだでマルチタイトルは強い「ゴーストリコン ワイルドランズ」がトータル1位に。

スイッチタイトルのみの順位やセールス推測はコチラ。





92.5万本販売が報じられた「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」の1位は当然として、「1-2-Switch!」のアタッチレートは19%だとか。任天堂としては人気の定番タイトルだけではなく「1-2-Switch!」のユーザを増やしたいところでしょうね。

そして「スーパーボンバーマン R」はトータルでも17位と海外でも任天堂ユーザ層とマッチしている事が証明されました。ロンチ直後は出来の悪さで批判されていましたけど、今は改善されているのだろうか?