受動喫煙





受動喫煙で病気、かかる医療費は3千億円超 厚労省推計:朝日新聞デジタル


・厚生労働省研究班はたばこと病気の因果関係が十分と推定された肺がん、脳卒中、心筋梗塞(こうそく)や狭心症などの虚血性心疾患にかかる医療費を推計。

・受動喫煙によって余計にかかる医療費が2014年度で3233億円に上がるとまとめた。

・配偶者からと職場での受動喫煙を考慮し、40歳以上の患者数や喫煙の有無による病気のなりやすさの違いなどをもとに計算

・受動喫煙によって肺がんにかかるのは約1万1千人で335・5億円、脳卒中は約12万9千人で1941・8億円、虚血性心疾患が約10万1千人で955・7億円

全文を読む

反応

JTからのあがりと、その受動喫煙から生まれる医療費の天秤だな。

医療費もさることながら肺がんの先は死ですからね。それも苦悶の末に。喫煙者は自業自得だが、受動喫煙では死んでも死にきれない。

なるほど、3000億円か。まあ、能動喫煙の本人医療費追加分は入っていないデータなのかな。国は、たばこ税2兆円(と消費税収入)を捨てて3000円億円節約するかな。しないだろうな。

受動喫煙も問題だが…。酒のほうがアル中、飲酒運転、ケンカなど…目に見えての危険が多い。

50代でリストラされて再就職活動中だが、喫煙者でメタボは、それだけで落とされる。雇っても病気で入院されたら意味ないかららしい。

たばこだけが原因じゃないと思うが、臭い等も含めて吸わない人には極めて害悪な嗜好品。売り続けるなら1本1000円でも安い。