会社をクビ





「クビになる」ことは「離婚」や「パートナーとの死別」よりも深い心の傷を作る


・イギリスのイースト・アングリア大学と政府系機関が、4000件以上の論文を調査・分析することで、「解雇された人」「離婚した人」「パートナーと死別した人」の三者について、満足感・自尊心・精神的な安定度など「心の健康状態」を数値化し、その数値が時系列に沿ってどのように推移しているのかを調査

・注目すべき点は、「離婚した人」や「パートナーと死別した人」は男女ともに、時間の経過と共に心の健康状態が回復し、4年後にはスコアが「0.0」という可もなく不可もない「平穏状態」までおおむね回復するのに対して、解雇された人は「女性の解雇から3年後」という一部例外を除けば、終始、スコアがマイナスすなわち精神的に満たされない状態が続き、心に負った傷が容易には回復しないという驚くべき結果に

・特に、男性は女性以上に心に深い傷を負いやすいことも明らかになっており、離婚した男性は4年後に、パートナーと死別した男性は2年後に平穏状態に近いところまで回復するのに対して、解雇された男性は一貫して不幸な状態が続き、4年目にはそのスコアは最低レベルに到達することが特徴的

全文を読む

反応

日本人はもっとじゃないかなぁ。その恐怖で過労死するまで働いてる側面もある。いつでもクビになる覚悟、自営する覚悟は必要かも。

更に男は仕事以外の繋がりが少ないから自殺しかねんな

そんなことあらへんで。俺は方向性のちがいによる解散レベルだと思っている。

雇う雇わないなんてしょせん人の評価なので、クビになったら次探せばいい。ピンチはチャンスでそれによって新たな展開があるかもしれないし

クビというのは誰でもない自分が否定されてると感じるものだからなんでしょうねえ…

俺が社会人になった頃は既に終身雇用は崩壊しつつあったが、そのつもりで入った人がクビになったらダメージ大きいだろうな。会社の倒産とかならダメージはどれぐらいなんだろうか?