東芝メモリ





WD、東芝の半導体事業売却差し止めを国際仲裁裁判所に申し立て - ロイターニュース - 経済:朝日新聞デジタル


東芝<6502.T>再建策の柱であるNAND型フラッシュメモリー事業の売却をめぐり、同事業の合弁相手である米ウエスタン・デジタル(WD)は、東芝による一方的な事業売却は合弁契約に反しているとして国際的な調停機関に売却差し止めの仲裁を申し立てた。

 WDは東芝が今年4月に行った同事業の分社化の撤回も求めている。仲裁判断の内容によっては、同事業売却が難しくなり、東芝本体の再建計画が見直しを迫られる可能性もある。

(中略)

 ある関係者によると、WDも買収の意向を示しているが、同社の提示額は2兆円を下回っているという。WDに対しては、KKR・INCJ連合に少数株主として参加するよう日本政府が打診しているが、WD側は同事業の支配権を要求しており、交渉は進んでいない、と別の関係者は話す。

国際仲裁裁判所による「仲裁判断」は最終判決に相当する結論で、それに対して上訴することはできない。入札手続き差し止めの命令が下れば、東芝のメモリ事業売却計画が進まず、来年3月末までの債務超過の解消が困難になるだけでなく、上場廃止のリスクが高まる。

 さらに、分社化そのものが無効とされれば、東芝メモリの株式を担保に差し入れて主要行からの融資を確保しようという東芝の思惑が外れる事態も予想され、経営再建の先行きに一段と不透明感が増す懸念がある。

全文を読む

反応

結局東芝メモリはウエスタンデジタルが直に引き取る方向になるんかな

これでも 上場廃止じゃなければ 【東証】の信用問題にまで発展するぞ

どっちもつぶれちまえ安倍のせいにできるし。

第二の東芝が出てこないことを期待したいが、過去の例を見ると、抜本的な改革をしない限り同じような事例が出てくるだろう。

WDが安く買い取る流れになるんかな。