生涯未婚率





「生涯未婚率」上昇続く 広がる男女差、背景に再婚|出世ナビ|NIKKEI STYLE


 50歳までに一度も結婚しない人の割合を表す「生涯未婚率」が上昇し続けています。最新の2015年は男性が23.4%、女性が14.1%でした。1980年と比べて男性の未婚者の割合は約10倍、女性が3倍に膨らんでいます。

 上昇のきっかけの一つは86年に施行された男女雇用機会均等法だといわれています。男女の採用差別が禁じられたことで賃金格差が縮まり、男性に頼らず自立できる女性が増えたのです。

 最近目立つのは男性の未婚率が急上昇していることです。5年ごとの国勢調査を基に計算される生涯未婚率は、85年までは女性が男性を上回っていました。これが90年に逆転、今は男性が女性を約10ポイントも上回っています。

(中略)

未婚率の上昇をどう考えたらいいのか。結婚を経済学の観点から研究している一橋大学経済研究所の北村行伸教授に聞いた。

――なぜ未婚率が上昇しているのでしょうか。

 「日本人がほとんど結婚するようになったのは、明治維新以降に富国強兵のスローガンのもと、政府が兵隊を増やすために出産を奨励したからだとみられる。国策を背景に見合い婚が普及し、社会的なプレッシャーもあってみんなが結婚するようになった。しかし現代は国策という規制がなくなり、結婚市場は自由化された。市場が自由化されれば、2~3割が結婚しないのは異常ではない」

 「現代は独身でいても不自由なく生活を送ることができる人が多くなった。ノーベル経済学賞をとったゲーリー・ベッカー教授は結婚に経済的なメリットがあるとして理論を構築したが、結婚が独身に比べて経済的メリットが大きいとは必ずしもいえない」

全文を読む

反応

生涯独身でもいいと思いますが、年金等考えれば、そういう生き方を選んだ方については重税にするべきだと思います。 子育てというのは本当に大変なんですよね。

自然な流れなら仕方ないw

50歳以上で結婚する可能性だって・・・

50歳までって事は、俺もあと数年で仲間入りか。本当に人ごとじゃないんだな(笑)老後のことは国がなんとか・・・してくれるかどうかは判らんけど、今を一生懸命生きるだけ。