小売り






メディアクリエイトが厳しいコンシューマ事情をレポート。

今週のランキング | メディアクリエイト
 ソフト総販売本数は23.3万本、前週比49.38%。例年ゴールデンウィーク翌週の販売本数は非常に低い水準となるが、本年も例に漏れず2017年現在までで最低の販売本数となった。過去の同時期と比較しても、前年の34.7万本(当時の前週比72.37%)・前々年の23.5万本(同60.03%)を下回り、かつ前週からの落ち込みも大きくなっている。特に販売本数については2001年以降で最低であった前々年(2015年)を下回ったことで、同期間における最低販売本数の記録を更新することとなった。  今週は有力タイトルの発売が無かったことに加え、今年のゴールデンウィーク期間は同期間中に販売本数を大きく伸ばした任天堂フォーマットの比重が大きかったため、前週からの落ち込みが激しくなったと考えられる。

お世話になっているなりブロさんも厳しい状況を吐露しています。

これからの小売に待ちうけるツラい現実 : なりゆきゲーム屋ブログ
はっきり言わせていただくと「大作ラッシュ」だった2月~3月でも
小売がバッタバッタと倒れていくレベルです。

一機種でミリオン、ハーフミリオン売れても全体がショボければ
ゲーム屋はやっていけないですからね。

ふむ・・・

ゲーム業界全体は堅調なのかもしれませんが、コンシューマの縮小は進んでいます。それに加えてゲームショップはDL版の浸透もあって更にドンで厳しくなっているという印象。私がブログをスタートした10年前から比べると、チェックしていたショップブログも激減しちゃいましたしね・・・

DL版対策についてはコード封入パッケージという手段もありますが、中古売却が出来ない事も含めて評判は今ひとつ。今後は変わっていくかもですけどね。


私自身はアクションゲームが年々厳しくなってきているのに、RPGもアクション化の波が高まり、紙芝居ADVも未来が見えないといった非アクションゲーム不遇時代に「俺はいつまでコンシューマゲームが遊べるんだろ」という不安は消えません。1年後には当ブログもゲームネタが激減している可能性は高いのです。

ブログ名どうしようかな(笑)