アジア





日本ブランド、アジアでの評価 | ニュース | Campaign Japan 日本


「アジア・トップ100」に入った日本ブランド

3位 ソニー (前年3位)
5位 パナソニック (前年5位)
12位 キヤノン (前年8位)
18位 東芝 (前年17位)
23位 ソニー PS (前年19位)
21位 明治 (前年18位)
25位 シャープ (前年29位)
32位 ホンダ (前年28位)
34位 日立 (前年31位)
35位 資生堂 (前年32位)
44位 ヤマハ (前年44位)
45位 ニンテンドー Wii (前年48位)
52位 三菱自動車 (前年50位)
55位 セブン-イレブン (前年56位)
64位 ブリヂストン (前年57位)
78位 エプソン (前年65位)
70位 トヨタ自動車 (前年68位)
81位 日清 (前年76位)
82位 SK-II (前年80位)
89位 花王 (前年101位)
91位 ニコン (前年24位)
95位 森永製菓 (前年104位)


「アジアのトップ1000ブランド」は、Campaign Asia-Pacificとニールセンがインターネットで共同調査を行い、そのデータ結果を集計したもの。対象となった市場は中国、インド、日本、インドネシア、香港、シンガポール、台湾、マレーシア、韓国、タイ、ベトナム、オーストラリア、フィリピン。調査対象者は中国が1200人、インド800人で、それ以外の市場は400人。

全文を読む


任天堂は無いけど「ニンテンドー Wii」がランクインしていますな。来年あたりには「ニンテンドー switch」に変わっているのだろうか?そのままのような気もする。