たまご





「たまご」にはなぜ2つの漢字が存在? 「卵」と「玉子」の使い分け方 - ライブドアニュース


毎日の食卓に欠かせない「たまご」ですが、漢字で書くと「卵かけご飯」のように「卵」を使用する場合と、「玉子丼」のように「玉子」を用いる場合の2パターンがあります。この両者は一体、どのように使い分けられているのでしょうか。

 オトナンサー編集部では、JA全農たまご経営企画本部の中西沙代さん(管理栄養士)に取材しました。

(中略)

「『卵』は孵化(ふか)して育つことを前提としたものを指します。鳥類だけでなく、魚類や虫類のたまごも『卵』と書きます。一方『玉子』は食用のものを指し、鶏のたまごを表すのが一般的です」

 つまり「卵」は鳥や魚、虫などの(生命としての)「たまご」全般を指す言葉であり、「玉子」はその中でも、食材として使われる鶏卵を指します。

 しかし、食材の鶏卵に限れば、生の状態のものを「卵」、調理されたものを「玉子」とするのが一般的で、たとえば加熱前のものは「生卵」「卵かけご飯」、加熱されたものは「玉子焼き」「玉子丼」といった具合です。

 ただし「ゆで卵」「卵焼き」などのように、加熱したものに「卵」を使うことが全くないわけではありません。また、料理名としての「卵」は“生々しい”印象を与えるため、現在では「たまごサンド」のように平仮名を用いることも多くなっています。

全文を読む

反応

マイノリティの時もありましたが、頑なに料理関係は玉子と表現してました

なるほどね。分かりやすい

ややこしい。料理しないし,職業がら、卵しか使わない


正直、あまり意識したこと無かったな。料理ネタを文字にすることも今まで無かったし。黄身は避けるようにと医者に言われてから長いってのもある。