グランツーリスモ スポーツ






「グランツーリスモ スポーツ」山内一典氏のIGNインタビュー映像より


・「グランツーリスモ スポーツ」は長い開発の最終段階で、今はどれだけディティールを詰めていけるかという作業にはいっている。

・サウンドはGT3までは関わっていたけど、GT456は深く関わらなかった。「GTスポーツ」ではサウンドクリエイションに直接関わり、かなり細かいところまで拘っている

・物理をリアルにすると難しくなるというのは誤解。車の運転はそんなに難しくない。ドライビングシミュレーターが難しいなら、物理シミュレーションの何かが間違っている。運転のしやすさとリアリティは両立できるはずで、今回の「GTスポーツ」はようやく両立できる世界に来たかなと思う。今まで20年間作っていて初めてそう思った。

山内氏は「車の運転は難しくない」と以前から主張していましたね。私は実際のクルマで時速140km以上は体験したことがないので、GT等に登場するスーパーカーやレーシングマシンの運転が難しいのかどうかは想像することしかできません。プロドライバーは別格という認識もありますしね。

「グランツーリスモ スポーツ」は2017年秋の発売と発表されていますので、予定通りなら11月末までには発売されるでしょう。なお、ソニーのジム・ライアン氏は「アンチャーテッド 古代神の秘宝」の3ヶ月以内に出すと発言していますので、11/22までの可能性高し。

発売日発表は9月の日本向けカンファでは遅いですし、8月開催のgamescomあたりだろうか。