サラシア牛丼





「牛丼で健康対策」吉野家、復活なるか  :日本経済新聞


 吉野家は29日、食後の血糖値の上昇を緩やかにする効果が見込める牛丼の新製品を7月3日から全国の店舗で売り出すと発表した。食事に含まれる糖の吸収を緩やかにして、食後の血糖値の上昇を抑える機能のある成分「サラシア」を配合した。健康志向が広がるなか、ご飯の多い牛丼は健康に良くないというイメージが根強い。固定観念を覆すべく、「牛丼で健康対策」をうたい来店への後ろめたさを和らげるのが狙いだ。牛丼大手3社の中で一人負けが続く吉野家の復活となるか。

(中略)

 吉野家の門脇純孝専務は「(糖の吸収を抑える)サラシアの効果を理解してもらえるようなやり方を(店頭で)行いたい」とし、健康志向の高い会社員からの指名買いを狙いたい考えだ。消費者の認知度を高める目的で先行して販売した通販商品の売れ行きは堅調。同社の牛丼総販売量は月1000万食だが「サラシア牛丼」で月100万食という高い目標を掲げる。

※プレスリリース

https://www.yoshinoya.com/_static/uploads/contents/html_news.attachment.810dd767377bb780/170629.pdf


反応

あえてこう言おう! 「健康気にしてジャンクフードが食えるか!!!!!」

残念ながら売れるとは思えない

糸コンニャク切って混ぜたら、もっとヘルシーか

まず、ご飯がいらないって人が多そう。吉野屋、というか牛丼は1年以上食べてないな。