タバコ天国





「タバコ天国」日本、受動喫煙法案見送り 海外メディアが政府の矛盾を指摘 | NewSphere


・エコノミスト誌は22日付の記事で、今国会での『受動喫煙防止法案』の成立が断念されたことを伝えている。30平米以上のバーや飲食店などを全面禁煙にする法案だったが、選挙戦に大きな影響を持つタバコ農家組合や飲食業界からの反発が激しかったとの分析だ。同誌はタバコ業界への政府の不自然な態度を指摘する。政府は禁煙環境を推進しつつも世界第4位の規模の日本たばこ産業(JT)株を30%以上保有しており、「アクセルとブレーキを同時に踏んでいるような状態」と矛盾を突く。

・香港のサウスチャイナ・モーニングポスト紙(18日付記事)は、法案不成立の背景として、天下りの影響があると見る。優れた政治家が大手企業で稼ぎの良いポストに就く「amakudari」という文化があり、政治家が自身の将来のために産業界に甘くなっていると指摘

・ワシントン・ポスト紙は日本禁煙学会の作田学理事長のコメントとして、「日本の受動喫煙の状況は、発展途上国と同じレベル」(5月2日付記事)だと紹介している。病院出入り口のすぐそばで医療スタッフが喫煙するケースがあるなど、現状に疑問を呈している

・エコノミスト誌は、日本の喫煙率が高いことを指摘。日本の成人男性の約30%が喫煙者で、アメリカ・イギリスの1.5倍の水準だ。一つの原因として、欧米より圧倒的に安いタバコの国内価格が挙げられる。最も売れているセブンスターで1箱20本460円だが、アルジャジーラによるとタバコはオーストラリアで1箱18.64米ドル(約2090円)、ノルウェーで12.00米ドル(約1350円)で売られている。アメリカやイギリスでも一般には概ね1000円前後で販売されているようだ。

・一方、東京などの路上喫煙禁止条例は海外より先進的な面もあると紹介されている

全文を読む

反応

とても恥ずかしい.この一点で竹下さんとか熊本の野田さんとか選挙で落としたらどうだ?

3割の株持ってりゃ規制できないよなぁ。

まだまだ安い、もっと高くしろ

現実的に、タバコ値上げで中高生喫煙は激減している。未成年喫煙の防止は自然な喫煙抑制に繋がるので、1箱1000円は最低基準だと思う。