東芝 VS WD





(2/2) 東芝の甘い見通しに「またか」 売買契約めぐる「お粗末対応」 : J-CASTニュース


7月14日(日本時間15日未明)、WDが米カリフォルニア州上級裁判所に起こした売却差し止め訴訟の審問が開かれる。ここで、WD側の主張が認められれば、売却交渉は即ストップしなければならない。しかも、米国の裁判に詳しい弁護士には「WDが勝つ可能性の方がむしろ高いのではないか」とまで見られているのだ。

もし東芝が負ける事態になれば、売却契約どころではなくなり、産業革新機構や政投銀も手を引かざるを得ない。その結果、東芝の経営再建の先行きにも陰を落とすことになる。具体的には、今期中(2018年3月末)までに売却できず、2期連続債務超過→東証上場廃止という悪夢が現実になりかねないということだ。

全文を読む

「半導体事業売却を妨害した」東芝、1200億円の損害賠償請求!完全に泥沼に・・・
【東芝 VS WD】米Western Digital、東芝の訴訟に「報復的かつ前例のない措置」「驚くべき行為」とコメント

反応

WDも勝算あるから主張しているんだろうしね

東芝メモリの売却は極めて困難であり、そろそろ諦めた方がいい

この訴訟合戦てすぐに決着がつくの?裁判で争っているうちに東芝が衰弱死したりして?

正直なところ、全てに渡って見通しの甘い東芝が、米企業相手の裁判だけは勝てると思えないのが現状。