長期休暇





休むと体に良くないー長期休暇は健康に悪い - Sputnik 日本


・リバプール大学の医師たちの実験。朝食をとった後、海辺のパラソルの下に寝そべり、その後昼食をとってまた寝そべり、そうやって夕食まで時々泳いで過ごした結果、参加者のエネルギー消費量でみた身体的な活発さの度合いは80%も減少。何らかの身体運動の継続時間は、161分から平均で36分にまで短くなった。

・たとえ2週間足らずの期間、何もせずにいても、慢性疾患の昂進のリスクが高まるとの結論が下された。

・同じことは脳についても当てはまる。2週間何もせずにいたら知能指数が10から20ポイント低下。これは、脳の前頭葉の部分的な萎縮が原因ではないか、と研究グループは考えている。

・休日の間も、もっと体を動かさないといけないというのが研究者たちの結論。そして、脳細胞の萎縮を防ぐために、せめて1日15分だけでも頭を使うのを忘れてはいけない。
全文を読む


バリバリ働いていた人が定年退職して1年後にはすっかりボケ老人になっているのと同じようなもんか。「何もしない長期休暇」って小学生以来一度も無いような気がする。夏休みだってダラダラするなんて勿体ないやん。