ストリートファイター





ストリートファイター、30周年の強さ ファン高齢化、覆した「eスポーツ」戦略 (withnews) - Yahoo!ニュース

2008年に小野さんがプロデューサーとして『ストリートファイターIV』を世に出したとき、直面したのがファンの「高齢化」でした。プレーヤーの交流の場にもなった日本のゲームセンターの数は、20年前の約3分の1に減少。若い世代のファン層が生まれにくくなっていたのです。

 「ストIIからのファンの方が40、50代になっていた。大会で頑張っているのも30代後半。シリーズを続けるには、新陳代謝が必要だった。そこで新しい舞台として、世界規模の大会を作ってみたいと考えました」

 しかし一から始めた運営は試行錯誤でした。支えになったのが30年の歴史の積み重ねだったと、小野さんは言います。すでに世界各地に愛好者のグループが存在し、家庭用ゲーム機やパソコンで対戦する「草の根大会」が開かれていました。

 そこで運営は現地のファンに任せたうえで、CAPCOM U.S.A.が各大会を公認。上位入賞時の獲得ポイントを決め、世界のプレーヤーが同じランキングで競えるようにしました。最終的にはランキング上位32人などを米国に集め、決勝大会を開く――CAPCOM U.S.A.が、1年を通じた「CAPCOM Pro Tour」をスタートさせたのは2014年のことでした。

 2016年は各地での参加者が、合計10万人以上に。小野さんは「eスポーツの大会は、参入障壁が高い。多くのプレーヤーやファンが不可欠で、簡単にそんなゲームは育てられない。30年の歴史が生かせる世界だった」と振り返ります。

 大会で若い世代が活躍し、そのネット中継が若者を呼び寄せる。いまプレーヤーの平均年齢は「世界では20代に、日本でも30歳前後までぐっと下げることができた」と言います。

全文を読む

反応

ファイナルファイトの続編もそろそろ作って欲しいなカプコンよ

そもそもゲーム人口を増やしてないのに、マニア向けの競技人口を増やそうなんて無理でしょ

ブロッキング、スタンコンボetcなんて高等技、高齢者は出来ないです ショボン

某ゲームの大会で日本チームが優勝した場合だけ賞金無しってのがあったんだよね。法律の壁がなぁ・・・

eスポは先鋭化の終着点という気もする、一次的には良くても間口を狭めたツケはいずれ圧し掛かってきそう、というかカプコンは昔から似たような予断で何度もやらかしてる

「ストリートファイター」は初代の体感筐体版が一番ハマりました。ファイナルファイトやキャプテンコマンドーの新作もたのんます。

eスポーツ強化で若返りには成功したかもだけど、先鋭化には歯止めかかってないのよね。