ユーチューバー





日本初、小学生向け「YouTuber」養成講座 「習い事」の新定番になるかも? : J-CASTニュース


小学生に向けた教育サービスを展開するFULMA(東京都港区)は、自社の開講する「YouTuber Academy」を日本初のサービスとして提供している。

YouTuber Academy (ユーチューバーアカデミー)

FULMAの「YouTuber Academy」は、2017年3月4日から体験会をスタートさせていたが、6月から蓄積した経験を生かし、改めて体系化したカリキュラムを作り、ワークショップを開始したという。

その中には「リアクションの取り方」「動画の撮り方」「サムネイル画像の作り方」など、全8つの講座がある。講座のなかでYouTubeの動画を作り、その中で自分を表現する。

(中略)

FULMAは現時点で中学生ではなく小学生にのみ焦点をあてている。その理由について、同社の担当者に話を聞いたところ、

「もともとFULMAが小学生を対象に事業を行っていた流れがありました」
「私たちは、YouTuberになるための養成所のように、子供たちにYouTuberとして食べていってもらうことを目指しているわけではありません」
「子供たちが『やってみたい!』と思うのに、それをできる環境がない、というものの一つにYouTuberがある、と私たちは考えました」

とのこと

全文を読む

反応

ネットリテラシー覚えさせる、って意味では良いかもね

ただの映像制作ならいいけど、子供のうちにインターネットに顔出しとかはマジでやめさせた方がいい。叩かれて、遊ばれて取り返しのつかない事になる。

責任能力のない子どもにネット配信はやらせるべきではない。それこそ特定されて、事件に巻き込まれたりしてもしらないよ

養成ではなくて、目立とうとして何でもありになっていることへの注意をしていくことを伝えてほしい。

顔出し動画のリスクとか、今後はどうなっていくのかな。今の大人世代は抵抗ある人多いけど、10年後は普通になっているかもね。