ドラゴンクエスト11






「ドラゴンクエスト11」東洋経済の記事から幾つかご紹介。

300万本突破!超人気「ドラクエ 」の舞台裏 | ゲーム・エンタメ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
今回、2機種での発売となったが、現在3機種目の準備も進めている。今年3月に任天堂から発売された『ニンテンドースイッチ』版だ。ただ、スイッチ版の開発自体は昨年に公表されていたものの、その後は情報がない。その点について三宅氏は『技術的な調整に時間がかかっており、発売日はまだいえない状態。ただ、発売に向けた開発は進めている』と明かした。

先日のドラクエイベントではPS4版ですらロード等の調整に時間が苦労したとコメントしていましたし、PS4仕様そのままをスイッチに持ち込むと厳しいでしょう。データサイズも含めて軽量化に時間はかかりそうです。

「御三家」は軒並み60歳を超え、すぎやまこういち氏にいたっては86歳。三人とも健在だが、これからのシリーズ継続を考える上でこの問題を避けては通れない。ファンが納得できる作品を今後5年、10年と発売し続けることができるか。ドラクエも次の一手が求められているのだ。

「ドラクエ11」は色々な意味で集大成と呼べる作品でしたが、ナンバリングに御三家が欠かせないとするなら「ドラクエ12」は少し不安だったりします。11クラスのボリュームや品質を求めるなら4~5年は必要でしょうし、そうなるとすぎやまさんは90歳を超えます。堀井さんはまだまだ元気そうですが、鳥山明さんはモチベーションが気になります。

平均年齢を超えると「昨日まで元気だったのに」は珍しくないですからね・・・

スクエニ側もそのあたりの事は考えているでしょうけど。