カメラ





5年以内に世界には44兆個のカメラが存在する社会になるという予測 - GIGAZINE


スマートフォンの爆発的な普及、IoT機器の登場、走り始めた自動運転カーとともに世の中に広まっているのが、それらの機器に搭載されているカメラです。ある調査によると、今から5年後の2022年には世の中に44兆個ものカメラが街中にあふれることがわかっています。



主にコンピュータービジョン技術などの画像認識テクノロジーに投資を行っているベンチャーキャピタル「LDV Capital」が公表した調査結果によると、2017年時点で14兆個のカメラセンサーが街中に存在しているのに対し、今後は右肩上がりで増加して2022年には44兆4000億個、2017年比で216%の増加を見せると予測されています。

これは、市街に設置されている監視カメラの数ではなく、スマートフォンやAmazon Echoのようなスマートホーム機器、ロボット機器などに搭載されるカメラを含めたもの。

全文を読む

反応

なんか怖ぇえ

既に14兆個って数字に驚くしかない

増えすぎwwwww

俺の部屋もなんだかんだで幾つもカメラあるな。使っていない奴多いけど。