ペルセウス座流星群





ペルセウス座流星群が極大 見ごろは12日21時から13日明け方 | ニコニコニュース


ペルセウス座流星群が、8月13日午前4時頃に極大を迎える。日本では12日21時から13日明け方にかけて見ごろとなる。



国立天文台によると、ペルセウス座流星群は12日21時から13日明け方に最も多くの流星を見ることができ、13日から14日にかけてもある程度の数の流星が出現する見込み。ただ、今年は月が出ているため見える流星の数は例年よりやや少なく、最も多いときに暗い場所で1時間あたり35個程度になるという。

ペルセウス座流星群は、1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」とともに、「三大流星群」と呼ばれる多くの流星が出現する流星群。条件が良い時には、1時間あたりおよそ40個の流星を観測することができる。極大の時期がお盆や夏休みの時期と重なるため、観測しやすい流星群として人気がある。

全文を読む




反応

昔おうし座流星群で、1時間に100個くらい見れた時があった。

山沿いなら観れるが都市部は、見えないのが落ち

今は、それどころではない。台風が心配です。

暑いからネット中継でいいやってなる。