FPS





ゲーム脳の最終形態「FPS脳」がヤバすぎる! 脳が縮み、うつ病・PTSD・アルツハイマー病リスクを爆アゲ!(最新研究) | ニコニコニュース


英紙「Daily Mail」(8月8日付)などによると、FPS(ファースト・プレイヤー・シューター)に代表される暴力的なシューティングゲームを長時間プレイすることで、脳のニューロン活動が低下、灰白質が減少し、アルツハイマー病のリスクが高まることを突き止めた最新の研究が、医学ジャーナル「Molecular Psychiatry」に掲載されたという。

モントリオール大学の研究者らは、100人の被験者に、一人称視点の人気シューティングゲーム『Call of Duty』、『KILLZONE』、『Borderlands 2』を計90時間プレイさせ、脳に見られる変化を調査。その結果、記憶を司るとされる“海馬”の灰白質が減少していることが判明。メカニズムの全貌は明らかになっていないが、一説では、ゲーム中に刺激される脳の尾状核と呼ばれる部分が使われることで、海馬の細胞が失われ、サイズが縮んでしまうとのことだ。面白いことに、シューティング要素を含まない3Dの『スーパーマリオ』シリーズを90時間プレイした被験者の海馬では、灰白質がむしろ増加していたという。
(中略)

 海馬は空間記憶を司る脳の部位で、過去の経験を想起する際に極めて重要な役割を担っている。そのため、複雑な交通網を暗記し、日々思い起こしているロンドンのタクシードライバーは、海馬のサイズが通常よりも大きいと言われている。研究者らによると、海馬が縮小すると、うつ病、PTSD、アルツハイマー病といった脳疾患のリスクが高まるとのことだ。

 一方、英・オックスフォード大学のアンドリュー・プシビルスキ教授は、同研究が統計学的に不十分であると指摘、小さいスケールの結果から推測された“騒々しい研究”であり、読者をミスリードする、極めて問題のある研究だと批判している。

全文を読む

反応

90時間で海馬のサイズが減少?なら10000時間とかやった人間は消滅するのかな?

FPS脳で鬱病になったら、戦場に行って死ぬしかねえ・・・。

対人メインのFPSは反射と反復だから覚えた後は脳なんぞ使わん

やってたから分かるよ、体感してる。でも楽しいの。

「FPS(ファースト・プレイヤー・シューター)」ってなんなん?

FPSは面白さを理解する前にアクションゲーム引退しちゃったけど、上手ければハマって頭おかしくなるだろうなぁとは思った(笑)